住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2014年03月28日

心を動かし続ける

満足度.PNG


心が動かないとスルー、もしくはコスパで選ぶ、という消費傾向が指摘されて久しいですが、本当にそう思います。
その視点で住宅産業でいうと、まだやりようがあるのは「完成まで」と「完成後」でどう心を動かすか。言い換えると、心を「動かし続ける」か。

完成前については、情報収集・学びの段階からつくり手も関わり参加型とし、完成までの参加プロセスを楽しんでもらい、完成前の満足度を高める(こうしたプロセスを僕は「ワークショップ型家づくり」と呼んでいます)。

完成後についても、暮らしのサポートをすると同時に、お手入れ・DIYといった「家いじり」さらには「普請道楽」を趣味にしてもらう一方、プロとしてのアフターの責任はきちんと果たすといった「家守り」で完成後の満足度を高める。

家づくり(リノベ)は顧客にとって最も高額な支出なのに、購入前と購入後の満足度が低い。「心を動かし続ける」しくみと姿勢で総合的な満足度はぐっと高まると思います。

ただし、モノ自体=家自体が良くないと話にならない。逆に、この空間すてき、住んでみたい、ここであれしたいという圧倒的な魅力が家にないと心は動かない。最近コト流行りですが、やはり地力、とくに設計の力が大事で、そこを高めることが満足度においても差別化においても一番大きいと思っています。
posted by miura at 16:56| 住宅ビジネスのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しずかちゃんの父がのび太との結婚前にしずかちゃんに言ったこと

2010年3月の記事の再掲です。


営業スタッフに必要なスキルは何ですか?と聞かれたときに、「スキルについては実務経験者の方に聞いてください。顧客の立場で言えば利他の姿勢だと思います」と答えます。そうすると、多くの人は何をぬるいことを、という顔になりますが、わりと本気でそう思っています。

真に顧客の立場にたって、顧客目線で提案をする。口で言うのは簡単ですが、その底には「自分のため」「自社のため」の前に「顧客のために」という気持ちがないとウソで、それは利他の心が利己心に勝っていないとできません。

「いい」営業スタッフは、これが、マーケティング発想ではなく、自然と出来ている人が多くて、特に女性にはそういう方が多いように見えます(営業テクニックを高めて「できる」営業スタッフになっているのは男性が多いですね)


利他の話をするとき、「ドラえもん」のワンシーンが頭に思い浮かびます。

のび太は大人になってしずかちゃんと結婚することになります。その結婚前夜(たしか)、しずかちゃんは将来を少し不安に思います。そのときにしずかちゃんのお父さんがのび太を評して言ったセリフがこれです。

あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。
それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。


これが営業スタッフにとって、もしかすると設計スタッフにとっても一番大切な基本だと思うわけです。もちろん人としてもですが。
僕も表に出す出さないは別として、こういう人でありたいと思ってはいます。
posted by miura at 07:28| マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日のつぶやき(その日1日にツイッターに投稿したツイートのまとめです)
















posted by miura at 00:01| ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

2014年03月26日のつぶやき(その日1日にツイッターに投稿したツイートのまとめです)




















posted by miura at 00:01| ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

住宅を殺すのは誰だ

久しぶりにブログを再開しました。思うところあってです。古い記事は5年以上前なので、ちょっとあれだというのもありますし、なんだずっと同じ事言ってて成長していないな、というものも多いですが、いくつか今でも読めるものがありましたので、気が向いたときに再掲していきます。以下は2011年2月の記事です。

建築について考えることは、たんにできあがった建物を考察することではない。
つられた後、どのように使われ、どのように生きているのかを考えることだ。

これは僕がこの仕事を続ける中で出会ったバイブルの一冊「住み家殺人事件」(著者・松山巖)の一節です。小池一三さんの連載原稿で触れられていたので、久しぶりに読もうと思い、出張のお伴に持ってきました。


つくられた後、どのように使われ、生きているのかを考える。


この視点は、建築雑誌に載っているような家がいい家なのかなあ、とすっきりしない思いを抱いていた当時の僕にひとつの視点を与えてくれました。だからこそ「家守り」という連載者の野辺公一さんの言葉もすうっと腑に落ちてきたのだと思います。

建物は日々使われることによって維持される。もしも使われなければ廃墟となり、崩れてしまう。
それは「単なる物体と化す。
だから建築とは単なる物ではなく、長いあいだに日々の手入れを欠かさなかった建物のことだ。
現在も残された古い建物は、日々の清掃、補修、あるいは改修などをおこたることがなかったからこそ生き延びたのである。
建物はいくら丈夫な物とはいえ、乱暴に扱えば破損し、使えなくなる。


著者はこう綴ったうえで、「建築技術の進歩は、他点所のの寿命を一年でも二年でも延ばすことを可能にしたはずなのに、建物が物理的な寿命をまっとうせず「死」を迎えることが多いのはなぜか、住宅を殺すのは誰だ、と提起します。

「物を大事に扱え」「物を粗末にするな」という、この言葉を忘れてしまうのは大人の方だ。まるで子供のころに禁止された遊びを大人になって楽しむかのように、巨大な建物でさえ壊し、捨てつづけている」

こうした著者の言葉は、ストック型社会を迎えようとする今こそ読まれるべきではないか。読み返してみてそう強く感じました。



住み家殺人事件−建築論ノート [単行本] / 松山 巌 (著); みすず書房 (刊)




posted by miura at 17:40| 住宅ビジネスのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「売りたい魂」と工務店の広報

売りたい魂.jpg


自分が売っている商品に惚れ込んでいるかどうかは大事ですね。
自信と誇りと情熱をもって提案できるかで伝わり方が違ってきて、それは成績や売上げも左右します。

そんな状態を、通販生活では「売りたい魂」と呼ぶそうですが、メディアでも住宅でも同じですね。

工務店には広報が必要だとずっと言っていますが、広報の役割のひとつに「社内への広報」があり、それは売りたい魂の醸造につながると思っています。

社内広報でも社外広報でも大事なコンテンツは顧客の本音ですが、つくり手の場合、オーナー(施主)の声を拾うのは広報の大切な仕事です。言い換えれば、オーナーのことを一番良く知っているのが広報。

そんな広報が工務店で増えればいいなと思っています。

posted by miura at 08:46| マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日のつぶやき(その日1日にツイッターに投稿したツイートのまとめです)






















posted by miura at 00:01| ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。