住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2007年07月16日

新潟・長野で震度6強

16日午前10時13分ごろ、新潟県上中越沖を震源とする地震があり、同県長岡市小国町、柏崎市西山町、刈羽村、長野県飯綱町で震度6強を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード6.6。
また地震が起きた。今度は新建ハウジングの本社がある長野県北部でも震度6強というのでけっこう慌てた。

そのときは東京の自宅で仕事をしていたのだが、強くはないものの20秒ぐらい横にゆっくり揺れて、けっこうこれは大きい地震が起きたかもと思いテレビをつけたら、新潟・長野で6強というので驚いた。

長野本社に電話したが通じないので後でかけることにして、テレビやネットで情報を集めてみる。震度を見る限り長野市内は震度4でそれほどでもなかったので、不謹慎だがまずはほっとする。


震度6強と大きく揺れた新潟・柏崎は、長野県北の人にとっては馴染みの町で、海に行こうとなると、また魚を食べに行こうとなると、たいていここになる(フィッシャーマンズケープという魚が買える・食べられる施設もある)。僕自身も何度か行ったことがある。そういえば原発もあったな、と思い出したら、原発で出火の映像が出でぞっとする。変圧器からの出火で放射能漏れはないとの追加情報でひとまずは安心。正午には鎮火したようだ。


再び本社に電話してみると、本社は問題なしとのこと。ただ、震度6強の飯綱町近辺に実家のある社員もいて、心配は心配。メールしてみたが返事がないとのこと。また社員が住む小布施町でも家屋が倒壊との報。

ちょうどいま校了に向けて作業している7月20日発行号の1面を地震関連に差し替える旨を、T副編と相談する。これから被害状況が明らかになってくるだろうが、できる限り長野部隊で情報収集してもらうことにする。


被災された方にはお見舞いを申し上げます。また、余震や倒壊寸前家屋による二次被害が心配だ。雨で地盤も緩んでいる地域もあり、土砂崩れや地すべりなどの恐れもある。

また、被災地の工務店は施主に安全確認を入れるとともに、復旧作業にに協力してほしいと思う。緊急時ほど地域工務店の力が求められるはずだ。


※追記:16時時点で3人の死亡を確認とのこと。ご冥福をお祈りします。


posted by miura at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースクリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自宅にて、震度5強を体験しました。たまの休日を家族4人、各自好きなことをやってる(私はTV見ながらうたた寝)時、揺れを感じました。あ、揺れてると呑気に思っていたのも束の間で、大きな横揺れで家がきしみ始めました。「やばい、大きいぞ!」と家族テーブル付近に固まり、ただ、揺れがおさまるのを体を硬直させて待つばかりでした。永かった数秒。幸い、大きな実害はありませんでした。

中越地震も同様に体感した長女は、「家は壊れなければ何でもいい」と、半トラウマ状態で私に言います。

長年住んだ家屋がほんの数分間で倒壊し、今朝まで健康体でいた方が、突然命を奪われる地震。柏崎近辺の被災者の方々の心境を察します。

命を守るのも家、命を奪うのも家。
同じような家。でも、ちょっとした違いの連続で、その人の人生を狂わせてしまう。
価値あり、責任ある業種だと痛感します。  山田
Posted by at 2007年07月19日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。