住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2014年10月13日

小屋展示場にみるスペンドシフト

先日Sumikaさんがプロデュースした「小屋展示場」を見に行ってきましたが、改めて「スペンドシフト」=消費やライフスタイルパラダイムシフトが進んでいることを実感しました。


7034DC12-4F51-4F7C-A339-FB753AC3F903.jpg11D99D76-9122-4CF2-83B6-0B7BD3FDCCD9.jpgF00F36A7-F68B-4C3B-BCA1-F0F7398EFD3E.jpg186A5C5D-5F86-44D3-991C-A9D63CC2475C.jpg

場所は虎ノ門。空き地に、ハウスメーカーや工務店、建築家、クリエイター、小売業者などなど様々な出展者が、思い思いの小屋を展示。その多くが販売されていました。詳細はこちらから。

スペンドシフトについて一言で説明するのは難しいのですが、より人間らしく、豊かに楽しく、健康的に、素直に正直に生きたい、そのために消費やライフスタイルを見直すということかな、それを小屋、さらにはDIYやリノベ、ブーム兆し「タイニーハウス」なんかが象徴しているのかな、と考えています。

posted by miura at 17:01| 住宅ビジネスのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。