住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2014年04月13日

里山資本主義・コミュニティデザインと地域のつくり手

 地域密着―地域のつくり手が地域とどう関わるかは、地域のつくり手にとって古くて新しい課題です。


里山資本主義.JPG

里山資本主義×地域のつくり手
 
 キーワードとしてはたとえば、エコノミストの藻谷浩介氏が提唱する「里山資本主義」があります。

 「奪い取る」「未来・次世代から搾取する」従来型資本主義の限界を指摘、地域の資源とコミュニティの価値・豊かさを「里山」というキーワードでくくり、これらを資本に自給自足・知足(足るを知る)+循環型の経済へと転換することを説くもの。
 いろいろ言われていますが、基本的な方向性は間違っていないと思います。

 地域のつくり手が取り組む「地域材による地域型住宅」も里山資本主義と同一線上にある取り組み。より視点と業域を広げ、よりつながることで、地域のつくり手は木を核とする里山資本主義の主役となれるはずです。


イベント.jpg

コミュニティデザイン×地域のつくり手

 「コミュニティデザイン」というキーワードもあります。
 
 地域の課題に、人と人のつながりであるコミュニティという観点から解決に貢献しようとする手法です。
 地域の人々の相談にのりながら解決策を一緒に考え、活動をサポートしていける人材=「コミュニティデザイナー」の必要性を説き自らも実践する山崎亮氏(studio-L代表)の取り組みで注目を集めています。

 地域のつくり手の場合、住まいと暮らしを通して地域のコミュニティに貢献できますし、とくに工務店の場合、すでにオーナー(OB)というコミュニティを持ち、またカルチャー教室や感謝祭などのイベントを通じて地域のコミュニティと関わっています。そしてこのつながりをもっと地域の課題解決に活用することもできるでしょう。
 
 そう考えると、地域のつくり手は「コミュニティデザイナー」として大きなポテンシャルを持っていると言えます。


いま問われていること

 今後地域のつくり手には、地域でコミュニティをつくり、業域を建築から少し広げ、地域課題の解決に貢献することが一層問われてくるでしょう。

 これは古くて新しい「三方良し」(顧客+社会+自社の利を共に目指す)のかたちです。幅広い顧客に新しい価値を提供することで地域の衰退を食い止め地域とともに事業を継続する。

 こうした仕事のかたちを「楽しい」「充実感がある」と選ぶ人が若年層を中心に増えていて、地域に帰り、また移り住み、小商いを立ち上げ、つながり始めている。地域が変わり始めている。
 
 地域のつくり手の未来像が見えてきたように思っています。
 

 こんなテーマを考えるフォーラムを開催します。
 4月23日「コミュニティビルダーフォーラム」。基調講演には山崎亮さんをお迎えします。

 よろしければご参加ください。
 
posted by miura at 21:06| 住宅ビジネスのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。