住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2014年03月28日

心を動かし続ける

満足度.PNG


心が動かないとスルー、もしくはコスパで選ぶ、という消費傾向が指摘されて久しいですが、本当にそう思います。
その視点で住宅産業でいうと、まだやりようがあるのは「完成まで」と「完成後」でどう心を動かすか。言い換えると、心を「動かし続ける」か。

完成前については、情報収集・学びの段階からつくり手も関わり参加型とし、完成までの参加プロセスを楽しんでもらい、完成前の満足度を高める(こうしたプロセスを僕は「ワークショップ型家づくり」と呼んでいます)。

完成後についても、暮らしのサポートをすると同時に、お手入れ・DIYといった「家いじり」さらには「普請道楽」を趣味にしてもらう一方、プロとしてのアフターの責任はきちんと果たすといった「家守り」で完成後の満足度を高める。

家づくり(リノベ)は顧客にとって最も高額な支出なのに、購入前と購入後の満足度が低い。「心を動かし続ける」しくみと姿勢で総合的な満足度はぐっと高まると思います。

ただし、モノ自体=家自体が良くないと話にならない。逆に、この空間すてき、住んでみたい、ここであれしたいという圧倒的な魅力が家にないと心は動かない。最近コト流行りですが、やはり地力、とくに設計の力が大事で、そこを高めることが満足度においても差別化においても一番大きいと思っています。
posted by miura at 16:56| 住宅ビジネスのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。