住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2006年10月22日

PS3とwiiに見る地域工務店の生き方

wii.JPG※一部コメントの指摘により、削除・変更しました。
我が家にはプレイステーション2がある。まったくやる時間などないが、バリバリのファミコン世代だけあって、たまーにゲームをやりたくなるので、最新ゲーム機を常備するようにしている。


家庭用ゲーム業界の二巨頭はソニーとニンテンドーである。ゲームをしない方には以下の話はまったくピンとこないだろうが、住宅会社の生き方にも少し通じるところがあるので、二社の違いを書いてみる。

ソニーはテレビにつないて遊ぶ据え置き型のプレイステーション2と、携帯型のPSPを出している。特にPSPは高スペックでハイデザイン、価格は高めだ。ゲームソフトはグラフィカルなもの、大作ものが多く、常に「ここまでできるの」という感動をゲーマーに与えてきた。

対してニンテンドーは、テレビにつないで遊ぶ据え置き型のゲームキューブと携帯型のニンテンドーDSを出している。ニンテンドーDSとPSPを比べると、DSはハードの性能は「程ほど」なのだが、ソフトはどれも「みんなで遊んで楽しい」というところに主眼をおいて開発されている気がして、やってみると面白いし、満足度も高い。もうひとつ、「脳トレーニング」みたいな、ゲームから飛び出して「日常」にどんどん入り込んでくるようなコンテンツ開発にも積極的に取り組んでいる。
※追記 もともとは「ゲームキューブの性能はほどほどでグラフィカルな感動はない」といったことを書いていました。ですが、コメント頂いたようにゲームキューブの方が基本性能は高いとのこと。認識・経験不足でした。すいません。ですので上記の部分を削除・変更しました。


両社は年末に据え置き型家庭用ゲーム機の新作を出す。ソニーが「プレイステーション3」(PS3)、任天堂が「wii」 (ウィー:TVCMが始まっています)。ここでは詳細について詳しく書かないし、そもそも詳細を書けるほど詳しくないのだが、ネットで見ている限り、前述した両者の違いがさらに顕著になっている気がする(特に参考になったのがココ)。

つまりは、wiiはライトユーザー向けのエンターテイメント機、PSはマニアユーザー向けの超ハイスペックAV家電と、完全にコンセプトを分けてきているようだ。で、本体価格はPS3の方が高い。


乱暴なたとえになるが、いまの地域工務店の家づくりを見ていると、結構「ソニー型」と「ニンテンドー型」に分かれてきているな、と感じる。

ここで言うソニー型とは、性能や建材・設備も高スペックで、デザインも洗練されていて、建物自身で感動させられる。しかもその魅力をWEBや雑誌などでうまくアピールし、ブランディングも出来ている。けど値段はそれなり。でもハウスメーカーとも真っ向勝負しても勝てる、といった工務店だ。

ニンテンドー型は、建物本体の仕様は「程ほど」なのだけれど、なぜか居心地がよく、その提案の仕方やサービス的な部分、何より人的魅力なども含めて顧客満足が高い、という工務店。価格も程ほどだ。長寿命工務店に多く見られる。


どちらが正解というわけではなく、これ以外も解は無数にあるだろう。

だが、ソニー型はつきつめていくほど顧客層が限定され、棟数を追おうとすると、地域から飛び出していかないと棟数が確保できない局面が来るだろう。

一方、ニンテンドー型は地域密着に向いたモデルであるが、建物の差別化が難しい分、口コミや紹介や地道なポスティングなどを重視しないといけない。


生き方、戦略の違いということだが、地域工務店もここの見極めが今後一層重要になることは間違いなく、それこそがマーケティングだ、と思っている。だが、重要なのは、施主の暮らしの満足をいかに高めるかであって、このことを忘れてはならないだろう。施主が欲しいのは、楽しく豊かな暮らしなのだから。

PS3とwii、どちらが売れるのか、個人的には単純に興味のあるところだ。だが重要なのは、消費者の「時間」をいかに獲得するかであって、ここを巡る戦いが激化しているということだろう。ユーザーが欲しいのは、楽しく豊かな時間なのだから。


(写真はTVCMでも流れているWilのコントローラーのイメージ。ラケットを振るような感覚でテニスゲームができるらしい。僕らの世代は何歳までゲームをするのかな、と思う。結構爺さん婆さんになるまでやってるかもしれない)
posted by miura at 12:41| Comment(24) | TrackBack(4) | 住宅ビジネスのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
性能ではGC>PS2ですよ。
と、ゲームに詳しい僕が言ってみる。
Posted by HY at 2006年10月22日 23:28
性能は「程ほど」と書かれていますが、
かなりの差があります。
WiiとPS3のように
Posted by kk at 2006年10月22日 23:48
SONYは一点特化の技術重視な工務店
任天堂は秀でた部分は無いけど総合力に優れた工務店
...と言えるかもですね

どちらの作品が住み易いと感じるかは、個人と家族とで結論は分かれるかもですが...

SONYと任天堂を足して割らない工務店があれば...
それが理想ですよね? ^^;;;
Posted by CESTVS at 2006年10月22日 23:59
S○NYは金持ちかつオタク向けの製品と見えますが、建築でたとえると高級かつ高性能。
しかしS○NY全体にも例えれますが、安全性は低く保障・サポートは悪い。
社長が良い製品は精密だから壊れては買い換えていくモノなんて言ってるようじゃ、良い物件を買ったって死んだら元も子もないって話ですよ。
Posted by cat at 2006年10月23日 00:46
GCとPS2のバイオ4では、驚く程性能の差が出てますね。
GCの方が断然キレイです。

なので、「ソニーと比べて程ほど」とは言えないですね。
Posted by カズ at 2006年10月23日 04:41
ってか、ゲームハードの性能の面ではブログの主さんの認識の違いがあったというのは確かです

でも、責めてもなーんにも状況は変りませんよ ^^b
だって、ここってゲームハードの優劣を競う場ではないんですから...

頭使って、比喩するくらいの書き込みしなきゃ「荒らし」ですよ ^^b

ガンバりましょう...
そうすれば、ブログの主さんのアイデアになるかもしれません♪
Posted by CESTVS at 2006年10月23日 05:14
まぁ、どういった状況かは理解できませんが...
PS2の方がGCよりも性能が上みたいな誤解を招く書き方をしたのは訂正したがいいかもです

PS2はDCと同世代のハードですが、GCやXboxはDCの次世代のハードです
でも何故か、PS2、GC、Xboxは同世代のハードだと言われています
GCやXboxにすればDCの方がマシってくらいにPS2は惨いハードなんです...
(演算性能的にはトップなんですが、メモリをケチりすぎてるんです ^^;; )

SCEは、凄いCPUを作り出し乍らも、メモリの搭載容量の面で阿房な対応しています
PS3のメインメモリが1G であれば、それは凄いゲーム環境が待ち受けてると思ったのですが...
256x2 じゃーマジでクソですね ^^;;;

ってか、ゲームハードに関してはご理解いただけないかもですが...
PS3は期待した程でもないってコトで ^^;;;

優位性はBDメディアのROMを採用してるってコトでしょうかね...
(でも、HD_DVDが主流になればゴミになりますがww)
Posted by CESTVS at 2006年10月23日 07:50
ゲハでやれ任豚
Posted by p at 2006年10月23日 09:51
HYさん、コメントありがとうございました。ご指摘の通り、素人ながらスペックなども確認し修正しておきましたが、どうでしょうか。
Posted by 三浦 at 2006年10月23日 09:57
KKさん、コメントありがとうございました。認識不足でした。また今後も、ゲームの話も書いていきたいと思います。新機種も買うかもです。またそんな折には、このブログを覗いていただければ、と思います。
Posted by 三浦 at 2006年10月23日 09:59
CATさん、コメントありがとうございました。私は一時ソニーファンで、プレステに始まり家電は何でもソニーという時代がありました。ですが、コメントいただいたように結構壊れたり不具合(らしいき)ものも多いので、心が離れていきました。住宅も同じで、建てたあとの安全性・サポートが大事ですね。その点はうちの新聞でも心して書いています。
Posted by 三浦 at 2006年10月23日 10:03
カズさん、コメントありがとうございました。ご指摘の通り、修正してみました。バイハザード。昔はまりました。4まで出ているのですね。私はもう反射神経が衰えて、アクションゲームには対応できなくなっているかもです。
Posted by 三浦 at 2006年10月23日 10:07
CESTVSさん、何度もコメントありがとうございました。ハードの話は詳しくなく、ごめんなさいという感じです。「どちらの作品が住み易いと感じるかは、個人と家族とで結論は分かれるかもですが」とコメントいただいた通り、ゲームも住宅もどちらがいい・悪いではなく、どちらが合うかということだと思っています。新機種については、もう少し勉強してみたいと思います。
Posted by 三浦 at 2006年10月23日 10:11
一部心ない書き込みが見られるようですが…

最近では忙しい人が多くなりすぎて、ゲームなんぞに時間を割く人が少なくなってきていますね…
その時間を割いてでも楽しめるゲームを出した方の勝ちだとボクは思っています。
Posted by ももかん at 2006年10月23日 19:29
ももかんさん、コメントありがとうございました。コメントにもインスパイアされて新しいエントリを書いてみました。時間を割いてでもできるゲーム。探して見たいと思います。
Posted by 三浦 at 2006年10月24日 12:48
変な紹介の仕方ですね
http://blog.livedoor.jp/nintendouinochi/
Posted by k at 2006年10月26日 02:26
Kさん、コメントありがとうございます。こういう世界?があることを初めて知りました。まあ、住宅業界でも同じようなことはあるのですが。
Posted by 三浦 at 2006年10月26日 11:46
ハード屋とソフト屋の違いだと思います。

ソニーはスペックを売るのが目的
任天堂は市場を作るのが目的なんだと思います。
Posted by M at 2006年10月26日 14:19
Mさん、コメントありがとうございます。確かに古くはゲームウォッチ、ファミコンを見ていてもそんな気がしますね。ハード屋とソフト屋の違い、住宅産業にも参考になる示唆だと思いました。
Posted by 三浦 at 2006年10月27日 10:52
>三浦さん

任天堂狂信者は、任天堂に不利益な情報を(事実であれ間違いであれ)訂正させることにしか興味がありませんので、相手にするだけ「時間の無駄」です。
Posted by 台所でスパゲティをゆでている時に、電話がかかってきた at 2006年10月27日 11:08
なんでこんな記事かくんですか!GKってやつですか!何か読んでてむかついてきました
Posted by ぎゃん at 2006年10月27日 12:24
■GCはPS2より低性能■

▲よく任豚はバイオ4を持ち出して「PS2のグラフィックはGCに明らかに劣る」と
主張するが、PS2に最適化されない移植で劣化するのは当然。


▲移植開発秘話(Special→)http://www3.capcom.co.jp/ps2_bio4/main.html
「GCに特化して作られたバイオ4を、PS2というハードに移植するのは、
非常に難易度の高い仕事です」「制作経験が豊富なGCだからできたことであり、
だからあそこまでのボリュームとグラフィックに持って行けたと思います。
逆に言うとPS2というハードは我々にとってまったく未知なハードなのです」

▲結果

・処理落ちほぼ皆無
・メモリ問題解決
・見た目のクオリティもほぼ遜色なし


1年半後に出たのに「ほぼ遜色なし」で移植される低スペックGC m9(^Д^)プギャー
Posted by a at 2006年10月27日 13:01
Posted by a at 2006年10月27日 14:50
また任天堂信者のブログ潰しか。
いい加減にして欲しいですね。
Posted by z at 2006年10月31日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ご家庭で本格的に楽しめる1人用鍋チゲ用韓国トゥッペギ(土鍋)セット(土鍋2、トレー2、ヤット...
Excerpt: 探していたものが見つかりました。ありがとうございました。
Weblog: 激安ショップ
Tracked: 2006-10-22 13:24

PS3でスーパーコンピュータを構築する試みを発表
Excerpt:  米Terra Soft Solutionsは10日(米国時間)、大量の「プレイ...
Weblog: PS3ナビ
Tracked: 2006-10-22 18:06

2006/10/22 ゲーム情報とまとめ
Excerpt: 今日、自分がうつ病になってるかもしれないという記事を書きましたが、やはりゲーム以外にもストレス発散できるような趣味を見つけたほうがいい気がしますね。しかし好きでもないものを趣味にもったってストレスは発..
Weblog: セグメントゲームズ
Tracked: 2006-10-22 21:07

プレイステーション3
Excerpt: 発売までもう少しですね。記事参考になりました。
Weblog: PS3 予約 プレステ3 価格
Tracked: 2006-10-23 14:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。