住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2012年01月02日

新建ハウジングムック「住宅産業大予測2012」 を発刊しました

大予測表紙.gif


昨年末かりかりと書いていたムック「住宅産業大予測2012」を発刊しました(A4版、オールカラー、172頁)。

住宅産業の経営者・実務者がつかんでおくべき2012年の変化と対応策を、データに基づく分析で解説したビジネスムックで、コレさえ読んでおけば今年の住宅業界、住宅市場が俯瞰できます(たぶん)。
 
毎年好例の年末企画で好評をいただいており、昨年度版の「住宅産業大予測2011」は、八重洲ブックセンターで週間(1月4週)第3位になりました。また社員教育用、セミナー用のテキストとしてもご活用いただいており、たくさんの会社にまとめ買い頂いています。

定価は1500円です。

目次は以下のとおりです。


<contents>

特集1 3.11後の家づくり
    3.11とジョブズの遺言/3.11後の家づくり10の遺言

特集2 2012年はどうなる〜30の変化をよむ
    01 法制度の変化
    02 経済・社会の変化
    03 住宅業界の変化

特集3 スマートハウス×パッシブデザインの基礎知識

特集4 リフォーム・リノベ攻略ガイド

特集5 スティーブ・ジョブズに学ぶイノベーション

特集6 ストーリーで学ぶV字回復×ブランド化の作法

Amazonや一般書店への配本は休み明け以降になりますが、こちらからもお求め頂けます。

ぜひご活用ください。
posted by miura at 18:50| 新建ハウジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。