住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2011年11月14日

2011年11月13日のつぶやき(その日1日にツイッターに投稿したツイートのまとめです)

Miura_Yusei / 三浦祐成
『2011年11月12日のつぶやき(その日1日にツイッターに投稿したツイートのまとめです)』編集者のつぶやき  住宅ビジネスのヒント|http://t.co/u7liCzDk at 11/13 00:18

Miura_Yusei / 三浦祐成
住宅地復興「費用負担など不安」 震災で液状化 習志野で官民意見交換  http://t.co/DZ19dJrA  難しい。復興案は、1一戸建て住宅を集約して集合住宅化する2土地区画整理事業による地区全体の地盤改良3道路の両端と住宅地の外周で液状化対策4道路のみ液状化対策、など at 11/13 08:05

Miura_Yusei / 三浦祐成
被災地支援 建築家の提案  http://t.co/AOZAwoJO  坂茂氏、難波和彦氏、伊東豊雄氏による3つのプロジェクトを紹介。建築に、建築家にできる貢献はなにか。住宅復興、施設復興、まちづくりでも出番があるはずだが at 11/13 08:09

Miura_Yusei / 三浦祐成
福井のアサノ不燃木材 おがくず・端材再利用の塗り壁材  http://t.co/2ZXj047M  面白い。全国に広がれば。不燃性で「不燃材料」の認定。廃棄処分していた木材の切れ端やおがくずを粉末化して再利用、森林資源を有効活用。価格は坪3000〜6000円、と at 11/13 08:13


posted by miura at 00:01| ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。