住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2010年10月19日

リフォーム市場を開拓せよ〜既存住宅の省エネ改修集中講義〜住宅エコポイントを上手く使おう

住宅エコポイントの延長+対象追加が決まりました。住宅エコポイントの政策効果や費用対効果は改めて検証が必要でしょうが、エコリフォームの認知度を高め、特に窓リフォームの実施を促した点では効果があったと思います。

断熱改修のエコポイント申請件数は窓に比べると大幅に少なくまだまだですが、ソーラーシステムや節水便器、高断熱浴槽が対象に追加されたことで、住設メーカーやエネルギー企業が今後プロモーションに注力してくると思われ、断熱改修の認知はさらに広がるとみています。

これは大型改修を手掛ける機会とスキルのある設計事務所や工務店にとってはチャンスで、ぜひこの機会に断熱改修(と耐震改修)を含んだ大型改修を強みにしてほしいと思っています。


断熱チラシ.JPG







こんな背景もあり、新建ハウジングでは、11月12日(金)に東京都内(JR渋谷駅徒歩8分)でセミナー「リフォーム市場を開拓せよ〜既存住宅の省エネ改修集中講義〜」を開催することにしました。


まず午前に、住まいと環境社代表で、住宅の温熱環境・断熱遮熱性能・省エネルギーなどに精通した野池政宏氏に、「省エネリフォームを工務店の仕事にする」と題し、受注のヒントを多角的に解説いただきます。


午後は、既存住宅の省エネルギー改修ガイドライン(財団法人建築環境・省エネルギー機構発行)のテキストに基づき、編集に深く携わった東京都市大学(旧武蔵工業大学)都市生活学部の岩村和夫教授らによる特別講義を。

テキストでは、具体的な設計・適用手法をできるだけ実態に即した形でわかりやすく説明。それらの技術を用いた場合の具体的な省エネルギー効果と経済性を含め、基礎から実践に至るポイントを丁寧に解説します。

概要は以下のとおりです。ぜひご参加ください。開催まで1カ月弱ありますが、いいペースでお申し込みを頂いています。CPDも6単位つきます。

また、新建ハウジングでは今後も、エコリフォームを含む「工務店・設計事務所ならでは」のリフォーム・リノベーションの普及を、様々なメディアを通じて促していきたいと考えています。ご期待いただければと思います。


「リフォーム市場を開拓せよ〜既存住宅の省エネ改修集中講義〜」

日時 11月12日(金) 9時50分開場‐17時30分終了
場所 渋谷アジアビル 会議室501(JR渋谷駅徒歩8分)
定員 150名

受講料 3,000円 新建ハウジング読者限定
(テキスト代込み、既存住宅の省エネルギー改修・IBEC発行)
※読者様ではない方6,000円、新建ハウジング2ヵ月無料購読付き

講師:野池政宏氏、岩村和夫氏、石崎竜一氏、早津隆史氏
主催:新建新聞社
共催:リフォーム市場を開拓せよ実行委員会

詳細はチラシ(兼仮申し込み書)をご参照ください。


posted by miura at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 新建ハウジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166311351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。