住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2010年09月09日

9月14日にプロモーションをテーマとする座談会をユーストリームで配信をします

今月も動画生中継サイト「ユーストリーム」の配信にチャレンジします。9月14日(火)の17時から、「工務店のためのプロモーション講座」を連載頂いているアドブレインの塚本さんに全面協力いただき、アドブレインさんのユーストリームアカウント「ADSAN TV」をお借りして配信します。


新建ハウジング×アドブレイン ユーストリーム配信
「工務店のためのプロモーション講座」vol.2
日時:9月14日(火)17:00〜(浜松:アドブレインオフィスから配信)
内容:アドブレイン塚本さん、新建ハウジング編集長・三浦に加え、工務店さんをゲストに迎え、紙媒体とウェブの効果的な使い方について、実例を交え、座談会形式で具体的に解説します。
配信:ADSAN TV→ http://www.ustream.tv/user/adsan24



今回も工務店さんをゲストにお招きし、紙媒体とウェブをうまく融合してプロモーションするポイントについて、座談会形式でお届けしたいとと考えています。


ユーストリームというメディアについて、前回配信した後にいろんなご意見・ご感想を頂いたのですが、生中継ならではの「だらだら感」について賛否が分かれました。ライブでご覧頂いた方は「そこも(そこが)魅力」、アーカイブでご覧になった方はそこが「かったるい」「ついていけない」という感じでした。

前回の配信
レクチャー部分→こちら
工務店さんを交えた座談会部分→こちら

ユーストリームの魅力は「生」にあり、というか「生」にしかなく、リアルタイムの双方向性を含めた「生」ならではの価値をどうつくっていくか、もしくは「生」だから見える「素」の部分(人柄やスキル、部隊の裏側)をどう感じてもらうか・楽しんでもらうかがポイントだと考えています。

住宅分野でもセミナーやシンポジウムのユーストリーム配信などが今後増えていくと思いますが、このあたりの「生ならでは」の価値をどうつくっていくか。逆にそこに絞って考えれば、いろんな可能性があると思います。

アーカイブについても、テキストの説明をセットにして、何分ごろにはこんな話、ここが聴きどころ、という簡単な解説をつければ、もっと使い勝手がよくなるかもしれません(テレビ番組における一言抜き出し編集の弊害のように、一部分だけを聞かれることで真意が伝わらないリスクはありますが)。


9月14日の配信では、僕は聞き役が中心になると思いますが、工務店さんのチラシやウェブはたくさん見ているので、その経験からお話ができればと思っています。
posted by miura at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 新建ハウジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。