住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2010年02月08日

信頼の獲得コスト、信頼の回復コスト

マーケティングの世界では順番が大事だと、マーケティングを学んでいたときに叩きこまれました。

まず、信頼を獲得し、その後個性を認知してもらうこと。
まず、感覚で「素敵」「欲しい」と感じてもらって、その後「理屈」で納得してもらうこと。

本当にこの順番は大事だな、と今再び感じています。特に信頼を獲得することの難しさ。


もうひとつは信頼を裏切ったときの対応です。今のトヨタを見ていて本当にそう思いますが、ここはあれほどの企業でも難しい、というかお粗末に過ぎる。

信頼を獲得するコストは大変なものですが、信頼を回復するコストはそれ以上に膨大なものとなります。それを負担できず、退場していく企業も少なくない。

今回のトヨタはマーケティングの教科書に載るぐらいの典型的なケースです。今後どう信頼を回復していくのか、注目したいと思います。


偉そうなことを言っていますが、メディアも今信頼を問われています。


posted by miura at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。