住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2014年03月31日

誠実マーケティングのすすめ2

2009年10月の記事です。語り方は今よりのんびりしていますが、言っていることはほとんど変わりませんね。

[ここから]
最近の住まい手、とくに30代を見ていて感じるのは、スマートな消費をするということです。

スマートとは、ものをやみくもに買わず、高品質×リーズナブルで自分の価値観に合うのものを、ネットヤクチコミなどを駆使しながら、吟味して買って長く使う、ということです。

そんな住まい手は「売り込み」「嘘」「テクニック」(=広告)にはうんざりしており、既存のテクニック型のマーケティングやセールスを受け入れないことが多い。正直な企業と人を探しているように見えます。


ですが、そんな住まい手は、工務店と最も相性がいい顧客層となるはずで、そのためには一層の「透明性」「誠実」「正直」が必要だと考えています。

そして、これらを徹底するなかで、自社の人、雰囲気、考え方、姿勢、ものさしに好感・共感してくれた人だけを顧客にする。そして長く良いお付き合いをし、顧客のコミュニティーを築き、顧客に支援してもらう。

こんなマーケティングの姿勢を「誠実マーケティング」と呼びたいと思っています。そのベースとなるのは理念とビジョン、つまりは理念経営です。

ポイントは以下のとおり。「 」の部分は工務店の家造りのキャッチフレーズとしても使えるのではないかなと思っています。まだ構想段階・机上論レベルですが、取材を通じて検証していくつもりです。

@フォーカスの徹底
 →「ならではの家づくり」

A情報の量・質の向上=コミュニケーション力の向上
 →「透明な家づくり」

Bいい家のものさし(家づくり憲法)の明示+アドバイザー化
 →「誠実な家づくり」

C標準化・仕組み化とTQM・評価・見える化の徹底
 →「正直な家づくり」

Cライフスタイル・コト・ヒトの提案の徹底
 →「物語のある家づくり」

E家守り・コミュニケーションの徹底による顧客満足・信頼構築
 →「お客様に寄り添う家づくり」

F顧客の声を活用したカイゼン、リピート・クチコミ・紹介の最大化
 →「お客様に支えられる家づくり」
posted by miura at 11:07| マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。