住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2009年01月08日

樹脂製窓の防火性能試験で不正受験

残念ながらまた建材偽装が起きてしまいました。重要な情報ですので、国土交通省の1月8日付の情報を転記しておきます。具体的な製品名などもここで参照することができます。


防火設備(樹脂製窓)の性能試験における不正受験等について
平成21年1月8日

国土交通省
住宅局 建築指導課

1. 概要
 (株)エクセルシャノン、三協立山アルミ(株)、新日軽(株)、(株)PSJ及びH.R.D. SINGAPORE PTE LTD の5社が、防火設備(樹脂製窓)について、申請した仕様と異なる不正な試験体を使用して建築基準法に基づく性能評価を受け、大臣認定を受けていたこと等が判明しました。

2. 経緯及び事実関係
 (株)エクセルシャノンが、防火設備(樹脂製窓)について不正な試験体を使用して性能評価を受け、これに基づき大臣認定を受けていたこと及び他社と共同で性能評価を受けたものがあることについて、同社から国土交通省に報告がありました。

 この報告を受けて調査を行ったところ、(株)エクセルシャノン、三協立山アルミ(株)、新日軽(株)、(株)PSJ及びH.R.D. SINGAPORE PTE LTD の5社が、計27種類の防火設備(樹脂製窓)の遮炎性能試験又は準遮炎性能試験において、試験結果に有利となるよう、申請した仕様と異なり、窓枠等の内部における遮炎材の増量等をした不正な試験体を使用して試験に合格し、性能評価を受けていたことが判明しました。

 また、これらの不正な試験体を使用して性能評価を受けた計27種類の防火設備(樹脂製窓)について、(株)エクセルシャノン、三協立山アルミ(株)、新日軽(株)、(株)PSJ、H.R.D. SINGAPORE PTE LTD の5社が計80件の大臣認定を受けていました。

 なお、上記以外に、(株)エクセルシャノンが販売した防火設備(樹脂製窓)について、認定仕様と異なる仕様の製品を販売していたものが4件あったことについて、同社から国土交通省に報告がありました。

 これらについて、各社は、平成19年に実施した「防耐火関連の構造方法等の認定に関する実態調査」において、[1]不正な試験体による性能評価試験を行っていない旨及び[2]大臣認定を受けた仕様とは異なる仕様の防火設備(樹脂製窓)の販売等を行っていない旨、平成 19年12月に国土交通省に報告していました。

3. 該当する防火設備(樹脂製窓)の大臣認定について
 不正な試験体を使用して大臣認定を受けた防火設備(樹脂製窓)については、当該大臣認定を取り消します。

4. 各企業に対する国土交通省の対応
 原因究明を行い、再発防止策を検討し国土交通省に報告するよう指示しました。

 試験体仕様が申請仕様と異なる大臣認定を使用している建築物の特定及び当該建築物について建築基準法の基準への適合性の確認を行い、不適合のものについて改修等の必要な対策を講じることを指示しました。

 上記以外で、販売仕様が認定仕様と異なる製品については、上記と同様の必要な対策又は販売仕様の性能確認を行うよう指示しました。

 各企業が保有する他の大臣認定について、あらためて法適合性の確認を行うよう指示しました。

 相談窓口を設置し、適切に対応するよう指示しました。

5. 消費者の相談窓口の設置
 (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターに次の消費者への相談窓口を設置して、相談に対応するようにいたします。
【(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの窓口】
電話番号:03-3556-5147
相談時間:午前10時〜12時、午後1時〜5時(土日除く。)

6. 今後の対応
 防耐火構造等の大臣認定を保有しているすべての企業に対し、平成19年に実施した「防耐火関連の構造方法等の認定に関する実態調査」の内容に問題がないかどうか、あらためて確認するよう指示します。

 社会資本整備審議会建築分科会基本制度部会・防耐火認定小委員会においてとりまとめた次の再発防止策を実施します。
[1] 指定性能評価機関による試験体製作の導入
[2] [1]を実施するまでの経過措置として、試験体製作過程の監視強化
[3] 市場から調達した材料で試験体を製作し、性能確認を行うサンプル調査の継続 等

第一報レベルのいま(1月8日21時)よくわからないのは、「これらについて、各社は、平成19年に実施した「防耐火関連の構造方法等の認定に関する実態調査」において、[1]不正な試験体による性能評価試験を行っていない旨及び[2]大臣認定を受けた仕様とは異なる仕様の防火設備(樹脂製窓)の販売等を行っていない旨、平成 19年12月に国土交通省に報告していました」という点で、過去の事例から不正、そして不正を行ってしまった場合はその対応が命取りになることは学んでいただろうに、なぜ、という点。なぜ隠ぺいしたのか。

いつも偽装事件のときに思い出し、そのつど書いているのですが、ドラッカーの言葉に「知りながら害をなすな」というものがあります。いつまでこうしたことが続くのか。

また今後同じような話がぽろぽろと出てくるのかも気になるところ。国交省は改めてメーカーに「防耐火関連の構造方法等の認定に関する実態調査の内容に問題がないかどうか、あらためて確認するよう指示する」とのことですから、追加で出てくるかもしれません。

いずれにしても取材した結果を新建ハウジングで書きたいと思いますが、個人的には樹脂製窓はコストバリューがある製品だと思っていたので、残念に思っています。

最後に、過去に樹脂製窓を使ったことがある工務店は、製品名・型番を参照し、その不正品の使用実績を早急に調べ、その結果をブログやホームページで報告するとともに、使っていた場合はOB施主への連絡・対応を徹底してほしいと思います。
posted by miura at 20:33| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースクリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 これは今後も絶対に出てきます。
 本来第三者機関の認証は自らの製品の信頼性を自らの負担に於いて行うべきもので、「ハードルを越えてしまえば良い」という現在の認証システム自体が間違っています。
 どの認証機関を使っているかによって信頼性に大きな違いがあり、認証機関の名前が付加価値となり、認証料が高く時間も掛かる認証機関の方に人気が出るようなシステムにする以外に解決策はありません。
 貴金属や宝石の場合のような、鑑定書の作成者により市場価格に違いが出る様な方向性が本来の市場原理を生かした民間委譲ののメリットであり、国の言う「民間で出来ることは民間に」と言うのは、手抜き除中央以外の何者でもありません。
 確信犯で法の編み目をくぐるものは、どれだけ規制を厳しくしようとも「新たなる対策」でさらなる抜け道を探すだけのことです。

 本質的には国がどうこうすると言うことではなく、消費者が賢くなって本物を見極める目を持ち、本物が付加価値として認められ価格が高い物でも使っていただけるようにするしかないと感じています。

 過去記事ですがTBを送らせていただきます。
Posted by 山本大成 at 2009年01月09日 16:36
山本さま、コメントありがとうございます。
山本さんのブログは読みごたえがあります。
それがアクセスやコメントの多さにもつながっているのでしょう。頭が下がります。
さて、この問題ですが、ご指摘のように氷山の一角のように思います。少し憂鬱になります。
賢い消費者が必要なのはそのとおりですが、そのためにはメーカーの情報開示やメディアの解説も必要だと思います。
Posted by 三浦 at 2009年01月14日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112336041

この記事へのトラックバック

ニチアス・東洋ゴムの耐火偽装、ゼネコンの手抜き工事の根本要因?(タイムリーな話題ではなく失礼)
Excerpt:  多少時間が経過してタイムリーな話題ではなくなりつつありますが、一連の耐火偽装やゼネコンの鉄筋不足の発覚について思うことがあり、記事にさせていただきます。 業界が多少違うので的確なコメントではないかも..
Weblog: 山本大成 「かわら屋の雑記帳」
Tracked: 2009-01-09 16:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。