住宅専門紙「新建ハウジング」の発行人(社長)が、
住宅ビジネスのヒント・トピックをつづります。


2008年07月06日

太陽光発電ができるカーテン

福田ビジョンで普及推進が掲げられて以来、再び注目が高まっている太陽光発電システムですが、CNNのニュースサイトで面白い記事を見つけました。以下に引用します。

ロンドン(CNN) 窓辺で日差しを受けるカーテンが、自宅の電源に早変わり――。そんな手軽な発電が、近い将来日常化するかもしれない。米マサチューセッツ州の建築家でマサチューセッツ工科大の教壇にも立つシーラ・ケネディ氏らは現在、「ソーラーカーテン」の実用化に向けて研究を重ねている。
太陽光発電といえば、一般にまず連想されるのは厚みのある硬いソーラーパネル。だが、同氏の企業「ケネディ・アンド・ビオリッチ建築」が提案する素材は、布のように薄く、柔軟性がある。同氏によれば、従来のパネルとほぼ同等の発電機能を持つ一方、「新聞を印刷するのと同じような方法で、環境をほとんど汚さず、安価に生産することができる」という。

カーテンのすそには、充電池が取り付けられていて、ここから大容量の家庭用充電池に接続すれば、そのまま電源として使うことが可能とのこと。地域にもよると思いますが、「民家の屋根にこのカーテンを広げた場合、屋根全体の約1割を覆うほどの面積で、家庭で一日に消費する電力の約7割がまかなえる」とあります。

これから様々なタイプの太陽光・熱の利用システムが出てくるでしょうが、従来の発想にとらわれなければ、まだまだイノベーションの可能性はありそうです。
ケネディー氏は、「既存の電力供給に頼らない生活は、すでに技術的には可能となっている。普及の妨げになっているのは、伝統に縛られた固定観念。それを覆すためにも、ソーラーカーテンは非常に良い出発点になるはず」と話している。


posted by miura at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。